外壁塗装・外壁リフォーム/屋根塗装・屋根リフォーム

外壁塗装

外壁塗装って必要なの…?

外壁塗装をお考えの方!「中央日化サービス」にお任せください!
外壁には寿命があり、リフォームの目安は新築で家を建てて10年程度と言われています。外壁塗装は多額のお金がかかるというイメージの方が多く、予算を捻出しづらいという声をよく聞きます。しかし、住宅の外壁は放っておくことでどんどん劣化していき、雨漏りなどのリスクが考えられます。外壁塗装は家を守るために欠かすことができないメンテナンスです。千葉市で外壁に少しでも気になる箇所がある方!「中央日化サービス」なら専門スタッフがご自宅に伺い、無料診断することができます。まずはお気軽にご連絡ください!

こんな症状が出たら劣化のサインです!

  • 外壁にひび割れ(クラック)や亀裂が出てきてしまった
  • コケやカビなどが目立ってきた
  • 外壁に触れた時、手に白い粉がつく(チョーキング現象)
  • 塗装が劣化し、剥がれ始めている
紫外線や酸性雨で色褪せている箇所がある
  • 新築で建ててから10年以上たつ
表面に小さな穴がある など

外壁の種類

窯業系サイディング
塗装目安特徴メリット/デメリット主な劣化症状
10年前後

  • ボードを1枚1枚貼っていく外壁
  • 内容成分の80%がセメント、残り20%が繊維質
  • 日本の住宅の外壁材の約80%を占めている など

【メリット】
  • バリエーションが豊富
  • コスパが良い
  • 工期が短い
  • 防火性に優れている
  •  など

【デメリット】
  • コーキングが傷みやすい
  • 補修しづらい
  • 吸水性が高い
  •  など
  • コーキングの劣化
  • 色褪せ
  • 変色
  • チョーキング
  • 反り・ひわり・変形
  • 浸水トラブル(ひび割れ、腐食、内部爆発)  など
金属サイディング
塗装目安特徴メリット/デメリット主な劣化症状
10~15年
  • ガルバリウムやアルミニウム、ステンレスの鋼板
  • 長期間メンテナンスの必要が少ない
  • 水分を吸収しない
  • 寒冷地で用いられることが多い
  • 近年、デザイン性があり人気が高まっている など
【メリット】
  • コスパが良い
  • 断熱性・耐震性・耐凍害性に優れている  など

【デメリット】
  • 傷つきやすい
  • サビが発生しやすい
  • 酸性雨、塩害被害を受けやすい など
  • チョーキング
  • サビ
  • 浮き
  • 剥れ など
ALCコンクリート外壁
塗装目安特徴メリット/デメリット主な劣化症状
10年前後
  • 水とセメントと砂を混ぜ合わせたもの
  • ラス(網状の金物)などの上からモルタルを塗り、その上から塗装して仕上げた外壁
  • サイディングが普及する前の日本の木造住宅の大半がモルタル外壁
  • ジョリパット、スタッコ、リシン、タイル吹きなど模様がある
  • 新築時の見た目がキレイ など
【メリット】
  • デザイン性に優れている
  • 耐久性がある
  • 補修、修繕が容易
  • サイディングのような繋ぎ目がない など

【デメリット】
  • 防水機能が無い
  • 工程が複雑でコストが高い
  • ひび割れが起こりやすい
  • 汚れが目立つ など
  • モルタルのひび割れ、欠け
  • 色褪せ・変色
  • カビ・コケ
  • 腐食による落下、剥落 など
モルタル外壁
塗装目安特徴メリット/デメリット主な劣化症状
10~15年
  • セメントに砂、砂利、水を練り合わせたもの
  • 最も強度に優れている
  • 安定した品質
  • 強度と耐久性にも優れている
  •  など
【メリット】
  • 強度と耐久性、防耐火性、断熱性、遮音性に優れている
  • シンプルでデザイン性が高い
  • 高級感ある見た目 など

【デメリット】
  • 価格が高い
  • 防水効果がなくなると、専門的な改修が必要 など
  • 外力による割れ(クラック)、欠け
  • 目地コーキング部分の劣化
  • 内部鉄筋の亀裂、破損
  • 浸水トラブル(変形、腐食、内部爆発) など

外壁リフォームの方法

外壁塗装には塗り替え・重ね張り・張り替えの3つの方法があり、劣化の程度により適切な方法を選ぶ必要があります。
▼塗り替え
モルタル壁・サイディング外壁・ALCボードなど、どの壁材でも必要となるのが塗り替えです。特にモルタル壁は経年劣化でひび割れ(クラック)を起こすことが多く、放置したままにするとひびから雨水が家内に浸入し、建物全体を傷めてしまいます。そのため、ひび割れがある場合は適切な補修し、塗装をします。
▼重ね張り
モルタル壁やサイディング外壁などの既存の外壁の上に、新しいサイディングを重ねて張る方法です。新しいサイディングを重ねて張るため多数の外壁材から選ぶことができ、家のイメージをガラリと変えることができます
▼張り替え
モルタルやサイディングが激しく劣化している場合、外壁材を剥がし、下地からやり直す必要があります。断熱材や防水シートの施工、木材の取り替えなどを行ってから新しい外壁材を張ります。廃材処分や下地工事があるため費用は最も高くなります。

外壁塗装の工程

①足場の組立て

外壁塗装の初めの工程は、安全に工事をするための足場の組み立てです。足場とは職人が高所で塗装するための作業スペースとなる部分を言います。

②洗浄

業務用の高圧洗浄機で外壁の汚れ、カビ、コケなどを落とします。濡れた家屋に塗装する事はできないため、洗浄後、しっかりと乾燥させます。

③コーキング打ち増し・打ち直し(下地処理)

塗料を塗りやすくするために、形が悪くなってしまっている部分を補修します。サイディングボードの境目のゴムの部分を付け替えるコーキング補修などがこれにあたります。

④養生

サッシ、窓、玄関ドアなどの開口部、植物、車など塗料が付着すると困る部分をビニールなどを使用し、保護します。養生貼りの作業は外壁塗装の仕上がりを決める大事な工程です。

⑤下塗り

専用の塗料を塗装面を整えるために塗ります。下塗りをすることで中・上塗りの密着性が良くなります。家の状態や材質によってシーラー、フィラー、プライマーなど様々な下塗り塗料を使用します。

⑥中塗り

下塗り塗料がキチンと乾いたら中塗りを行います。中塗りと上塗りは同じ塗料を使います。同じ塗料を2回塗ることによって塗膜を分厚くして、強度を高めます。

⑦上塗り

上塗りは、外見と外壁のもちの決め手となる重要な作業です。丁寧に仕上げ塗りをすることで紫外線や酸性雨の影響を最小限に抑えることができます。

⑧点検・手直し

塗り残しや塗りムラがないかを点検し、お客様と一緒に確認します。ご納得いくまでチェックしてください。その後、必要に応じて手直しを行います。

⑨足場解体

足場や養生の解体・撤去、産業廃棄物の片づけ・清掃などを行います。

塗装と張替え、どちらが良いの?

築10年位過ぎ、「そろそろ塗り替え目安かな」と外壁リフォームを考える際、塗装と張替え、どちらにしようかお悩みになる方が多くいらっしゃいます。大切なのは築年数よりも、外壁の状態・症状から判断することです。

 メリットデメリット
塗装
  • 低価格
  • 工期が短い
  • お手軽
  • 塗料が選べる

  • 選ぶ塗料で劣化が変わる
  • 一定周期で塗り替えが必要
張り替え
  • イメージをガラリと変えられる
  • 下地や断熱材など内部の状態が確認できる
  • 耐久性が高くなる
  • 工期が長い
  • コストがかかる
  • 耐久年数が過ぎ、劣化したら塗り替えが必要
屋根塗装

住まいの屋根は大丈夫ですか?

屋根塗装をお考えの方は「中央日化サービス」にお任せください!屋根はどのような建物にも存在し、年中、雨風や紫外線に晒されています。屋根塗装の目安は10~15年と言われています。劣化のサインを見逃してしまうと雨漏りなどが発生し、最悪の場合、屋根の葺き替え工事をしなければならない状況に陥ることもあります。屋根はお家の外観を左右する大切な場所です。現場調査に伺い、確かなお見積り金額をご提示させていただきます。千葉市でご自宅の屋根にお悩みがある方!まずはお気軽にご連絡ください!

こんな症状が出たら劣化のサインです!

  • 屋根が色褪せてきた
  • 屋根にコケや藻、カビが発生してきた
  • 表面が粉っぽくなってくる(チョーキング現象)
  • 金属の部分が腐食している箇所が出てきた
  • 雨漏りしている箇所がある
  • 屋根が一部ひび割れ(クラック)ている など

屋根の種類

ストレート屋根
塗装目安特徴メリット/デメリット
7~10年現代の新築屋根によく採用されているタイプの屋根です。瓦に比べて安価なものが多い。【メリット】
  • 機能性が高い
  • 耐久性に優れている
  • 軽量で施工しやすい など

【デメリット】
  • 割れやすい
  • メンテナンス周期が短い など
金属屋根
塗装目安特徴メリット/デメリット
基本的には不要アルミや銅板など様々。なかでも、ガルバリウム鋼板が採用されることが多いです。耐久性が高く、瓦やスレートほどメンテナンスの必要ないのが大きな特徴です。【メリット】
  • とにかく軽い
  • 色・形ともに豊富
  • 耐久性に優れている
  • 瓦屋根より安い など

【デメリット】
  • 雨音が響く
  • スレートよりも施工が難しい
  • 安っぽい印象を持つ場合もある など
瓦屋根
塗装目安特徴メリット/デメリット
基本的には不要昔から日本にある最もポピュラーな粘土を使った焼きものの屋根材です。近年、新築で瓦屋根を使うケースは非常に少ない。【メリット】
  • 長持ちする
  • 断熱性が高い
  • 強度が高い
  • 日本的で重厚感がある など

【デメリット】
  • とにかく重い
  • 基礎や柱がしっかりしていないと地震で揺れる
  • コストがかかる
  • 瓦を固定する漆喰はメンテナンスと補修が必要 など

屋根リフォームの種類

▼屋根塗装

屋根工事の中で最も手軽、低予算で行えるのが「屋根塗装」です。既存の屋根の劣化や破損が少ない場合に塗装を行います。主に化粧スレート、金属系屋根材、セメント瓦の場合の工事方法です。屋根の表面は年月とともに削られ、劣化していき、防水性が落ちていってしまいます。塗り替えはお家の外観がガラリと変わります。大切な我が家のイメージチェンジしてみませんか。

▼重ね葺き

屋根工事の中で人気のなのが「重ね葺き」です。重ね葺きはカバー工法とも言い、屋根が二重になります。解体処分費がない分、葺き替え工事に比べ、低予算での施工が可能です。コロニアルなどのスレート屋根にできる工法であり、今ある屋根を剥がさずに施工するため工事期間も短くて済みます。

▼葺き替え

屋根工事の中でご要望が多いのが「葺き替え」です。今ある屋根をすべて撤去し、下地から別の屋根材を葺き直します。塗装ができなくなってしまった瓦や、下地が傷み過ぎて重ね葺き(カバー工法)ができなくなってしまった場合に行います。屋根材を自由に選ぶことができ、今の屋根より軽くするなども可能です。

▼漆喰工事

瓦屋根では瓦の固定や接着に「漆喰」が用いられています。漆喰が劣化してしまうと、その部分から雨水が染み込み、雨漏りの原因に繋がります。また、注意しなければならないのが漆喰にひびや剥がれが出ている場合。固定している力が弱まっていると、瓦が動きやすくなり、強風や地震時に落下してしまう恐れがあります。

屋根塗装の工程

①足場の組立て

屋根塗装の初めの工程は、安全に工事をするための足場の組み立てです。足場とは職人が高所で塗装するための作業スペースとなる部分を言います。

②洗浄

業務用の高圧洗浄機で外壁の汚れ、カビ、コケなどを落とします。濡れた家屋に塗装する事はできないため、洗浄後、乾燥させます。

③下地処理(ケレン)

欠けた部分やヒビ割れを補修します。ヤスリや電気工具を使い、トタン屋根や階段に使われる鉄部の汚れやサビ、旧塗膜を落とします。

④下塗り

専用の塗料を塗装面を整えるために塗ります。下塗りをすることで中・上塗りの密着性を良くなります。家の状態や材質によってシーラー、フィラー、プライマーなど様々な下塗り塗料を使用します。

⑤中塗り

下塗り塗料がキチンと乾いたら中塗りを行います。中塗りと上塗りは同じ塗料を使います。同じ塗料を2回塗ることによって塗膜を分厚くして、強度を高めます。

⑥上塗り

上塗りは、外見ともちの決め手となる重要な作業です。丁寧に仕上げ塗りをすることで紫外線や酸性雨の影響を最小限に抑えることができます。

⑦点検・手直し

塗り残しや塗りムラがないかを点検し、お客様と一緒に確認します。隅々までチェックしてください。その後、必要に応じて手直しを行います。

⑧足場解体

足場や養生の解体・撤去、産業廃棄物の片づけ・清掃などを行います。

塗装と葺き替え、どちらが良いの?

築10年位過ぎ、「そろそろリフォームを検討しなきゃ」と屋根リフォームを考える際、どのリフォーム方法が適切なのかお悩みになる方が多くいらっしゃいます。大切なのは築年数よりも、屋根の状態・症状から判断することです。

 メリットデメリット
塗装
  • 屋根の寿命を延ばす
  • 雨漏りを予防できる
  • 節電効果(遮熱、断熱塗料を使った際に限られます)
  • 外観を美しくできる など
  • 時間の経過とともに色褪せする
  • 定期メンテナンスが必要
  • 塗り替えの度に費用がかかる など
葺き替え
  • 寿命が伸びる
  • 地震に強くなる
  • イメージをガラリと変えられる
  • 下地など内部の状態が確認できる など
  • 工期が長い
  • コストがかかる
  • 耐久年数が過ぎ、劣化したら塗り替えが必要 など

塗料の種類

 耐久年数防汚染性防藻・防カビ耐久性コスト
アクリル系塗料5~7年★☆☆☆★☆☆☆★☆☆☆★★★★
ウレタン系塗料8~10年★★☆☆★★☆☆★★☆☆★★★☆
シリコン系塗料10~12年★★★☆★★★☆★★★☆★★☆☆
フッ素系塗料15~20年★★★☆★★★☆★★★★★☆☆☆
※塗料メーカーや取扱店により表記に多少の誤差があります。
※住環境により、防藻・防カビ・防汚染性には差が出ます。
※一般的によく使われる塗料の代表例であり、その他塗料もあります。

ベランダ防水工事

ベランダの劣化症状 一例

トップコートの剥がれ・ひび割れ/トップコートの白化・退色/膨れ/トップコートの白化・退色/防水層のはがれ、ひび割れ/ベランダ底部の漏水

FRP防水
工事内容メリット/デメリット
繊維強化プラスチック(FRP)を使用した防水工事です。現在、新規住宅のベランダのほとんどがこのFRP防水です。【メリット】
  • 防水性・耐熱性・耐久性に優れている
  • 工期が短い など


【デメリット】
  • 伸縮性がない
  • 紫外線や地震でヒビが入る
  • 定期的に塗り替える必要がある など
ウレタン防水塗装
工事内容メリット/デメリット
ウレタン樹脂塗料を塗る防水工事です。あらゆる場所で塗装することが可能です。【メリット】
  • 複雑な形状のベランダでも施工可能
  • 作業工程が簡単
  • 工期が短い など


【デメリット】
  • 人の手による作業のため仕上がりは職人の技術次第
  • 劣化と亀裂に弱い
  • 約5年ごとに塗り替えが必要
シート防水
工事内容メリット/デメリット
防水シートを粘着テープや接着剤などで下地に貼りつけて防水します。屋上の防水に向いています。【メリット】
  • FRP防水と比べて安価
  • 伸縮性がある
  • 下地の亀裂にも柔軟に対応できる など


【デメリット】
  • 損傷しやすい
  • 複雑な形状の場所には用いづらい など
アスファルト防水
工事内容メリット/デメリット
合成繊維不織布にアスファルトを含ませ、シート状のルーフィングを貼り重ねていく、歴史が古い工事方法です。【メリット】
  • 防水性能を確保しやすい
  • 低コスト
  • 耐用年数が長い など


【デメリット】
  • 工事の手間が多く、工期が長い
  • アスファルトを溶かすので、工事中に臭いが発生する など

付帯工事とは?

付帯塗装とは外壁塗装と屋根塗装以外の付帯部の塗装の事です。例えば、軒天、雨樋、破風、鼻隠し、雨戸、戸袋、水切り、シャッターボックスなどが付帯になり、玄関や、窓枠のサッシ以外の箇所になります。付帯部は、素材が木製や、塩化ビニール製など様々です。塗装することで寿命を延ばすことに繋がります。例えば、軒天の防水が切れて雨漏りしたり、破風の劣化で塗料が剥がれて腐食してしまった場合、そのまま放置してしまうと建物内部に悪影響をもたらします。大切なお家を守るためには、外壁・屋根だけではなく、付帯部の塗装も大切です。

TEL 0120-026-118 受付時間 9:00~17:00

PAGETOP
Copyright © 中央日化サービス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
多言語翻訳 »